ベトナムコンサルティングや化粧品輸入代行サービス|ラクチン開発部

スーツ

生産が加速する

化粧品

化粧品の販売においては、販売会社が必ずしも自社の生産工場を持っているとは限りません。生産工場を持つと、常に工場のラインを回していかなければ採算面が合わないなどのしがらみがあり、そういったことを回避して販売に注力したいために、自社工場を持たない化粧品販売会社も多いのが実態です。 そのような場合、化粧品販売会社は生産をOEMメーカーに委託するのです。OEMメーカーとは、発注元企業の名義で販売される商品の生産を請け負うメーカーのことを言います。OEMメーカーは自社で開発、企画した商品を生産して販売もしているのですが、販路拡大等が上手くいかず、自社製品の生産だけでは工場のラインがうまく回せないなどの理由で他社の製品の生産を請け負ったりしているのです。

化粧品販売には多くの企業が参戦してきています。従って、老舗の化粧品メーカーもうっかりしていると新規企業にヒット商品を出されてしまえば、売り上げが落ち込むこともあります。従って随時魅力的な商品を開発していかねばならず、そのためには販売会社とOEMメーカーが協力し合ってお互いの強みを発揮しながら利益を出していく努力をすることが大切です。 強力な販路を持った販売会社はマーケティングの強化等に注力し、随時OEMメーカーと情報交換しながら、新商品発注前には希望数量を生産できる事前のキャパ抑えの確認もしておくと良いでしょう。また、なるべく効率のいい数量にして、生産コストも少なめにすることが出来ればなおよいのです。

Copyrightc2015 ベトナムコンサルティングや化粧品輸入代行サービス|ラクチン開発部 All Rights Reserved.